2018年04月23日

今週のビックリドッキリメカ〜‼︎

時雨です。

昨日カメラを買ってきました。
今回のコンセプトは…
1.安い事
2.軽い事
3.手持ちのレンズが使える事
の、3点です。

選んだのはPENTAX MZ-10と CANON EOS Kiss

RIKENON-P 55mm 1:1.2用Kマウントと、デジタル用に揃えたEFマウントが使い回せるフィルムカメラです。
う〜ん、なんとアンバランスな事か…。

流石、大口径標準レンズ。
完全にレンズが主役になっています。
やはり派手ですね、開放1.2クラスのレンズは。
誰ですか⁉︎『お前は”サンダー平山”か‼︎』なんて思った人は。

何で初級機を購入したのか?
これでも一応、考えて買ってます。
先ずは安い事。
気にせず使い倒せる。
Kマウントはこのレンズしか持っていないので、特に安くないといけないし。
ISOが手動で設定できる事。
時々DXコードが付いていないフィルムを使いますので。
そして小さい事。
サブ機として使うので、軽くて小さくないといけません。
操作が単純な事。
どうせフルマニュアルで使うから、面倒な機能が無い方が有難い。

問題点も有ります。
初級機なのでファインダはペンタミラーなのはご愛嬌。
明るいレンズは、明るすぎてピントの切れ込みが悪くなりますが、元々暗いファインダなので、丁度良いかも⁉︎
後、マウントがプラスティックで、重いレンズじゃ壊れやしないか心配です…。
だけどね…フラッグシップだろうが、初級機だろうが、フィルムカメラは同じレンズを使えば同じ描写の写真になる‼︎
デジカメの様に値段で写りが変化しないのが、フィルムカメラの凄さです。

何故、そこまでしてカメラを買うのか?
やはりレンズが有れば使いたくなるじゃないですか。
それにデジタル時代のレンズをフィルムで使ったら、どんな描写をするのか?
今から使うのが楽しみです。

さて、混沌としてきた、私のコレクション。
一体、何処に向かうのでしょう?


同じカテゴリー(俺のカメラを見てくれ、こいつをどう思う?)の記事画像
Marche du printemps
レポS
 Marche du printemps (2015-03-25 00:27)
 レポS (2013-04-18 21:47)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。