2014年08月31日

Stay Still

室生寺 五重塔

HASSELBLAD500C/M Planar80mm 1:2.8 TRI-X400


少しずつ夏が過ぎ去っている予感!?の、この頃…。
まだまだ暑さが厳しいですが、毎週末の休日には、しっかりフィルムを使っている時雨です。
最近の悩みは…

“一向に腕が上がらない!!”

これに尽きますね(笑)←前にもBlogに書いてますが…。
機材は多少揃ってきたので、本当に腕を上げないと、にっちもさっちもいかない状態になってます。
少しずつ写真集なんか眺め、好きな写真を探して真似をしようとしてますが、なかなか上手く行かないもので。
ルイジ・ギッリという写真家の作品に惹かれますが、美術的センスの欠如は如何ともし難く。
悩み多き年頃です。
思う様にいかないから、ふッとした拍子に『今度はこうしよう』とか『次は彼処を撮りに行こう』とか色々考えてしまいます。
だから楽しいんだけれど…ね。
長いスパンで遊べる、良い趣味に巡り会えました。

【悩みばかり増える→ついつい機材のせいにする→レンズや本体を購入→諭吉のおっさんが財布から逃亡→元を取ろうと駄作を量産→悩みばかりが…=地獄のスパイラル急降下!!】

如何な…どんどん自虐的な趣味になってしまう。

さて、写真は奈良県 室生寺の五重塔。
屋外の五重塔としては、国内最小の可愛らしさ。
これなら自宅の庭にレプリカ置ける!?って位(←嘘です。そんな豪邸には住めません)のファニィな外見。
「山椒は小粒で、ピリリと辛い」ってな具合の、日本人好みな奥床しさなのかな!?
とは言え、流石国宝指定される事だけは有る、意外と重厚な建築物です。
大概の五重塔は初重(一番下の屋根)から五重(上の屋根)まで逓減するのですが、室生寺の五重塔は逓減率が低いのが特徴と、過去に建築史の講義で習った覚えが(笑)
だから、階段から見上げるとスクエアなフォルムで、近代高層RC建築の様な印象を持ちます。
それが小さいながらも、圧倒的な存在感の源と、時雨は考えています。
階段を上りつつ下方から対峙した時と、裏に廻り見下ろした時の縮尺が違う。
正面から受ける存在感が、裏に廻るといきなり矮小化したミニチュアアートの風景を曝します。
初めて裏から見た時は、その作り物めいた(←実際、建築物は総て作り物ですが…)おもちゃ感覚に、ちょっと思考が付いて行かず、軽い目眩がしたのを憶えています。
土門拳も頻繁に通ったって聞いたかなぁ〜。
出来るだけ開門時に合わせて行き、静かな五重塔を眺めるのが好きな時雨です。
夏の強い朝日を浴びて相輪が輝いていたので、レッドフィルタを使って強調したかったのですが、巧く出来ているでしょうか?

こうやってTorimono寺社仏閣/仏像担当独立軽駆逐小隊(単独)は地道に活動を実行。
本隊(デジカメ大隊)は健気に人数を増やしながら定例会を続行。
別働隊(フィルム小隊)はハーフカメラ巡回展や暗室焼き付け大会を慣行。
残暑に負けないアメーバなTorimonoはますます増殖していますぞ!!  

Posted by torimono at 23:54Comments(0)時雨

2014年08月23日

トリモノ、白良浜へ


EPSON R-D1 ColorSkopar 35mm F2.5


torimonoのふなやまです。
トリモノ巡回展「ハーフカメラフォトグラフィー」は大好評?で展示中です。
明日からは場所を白良浜すぐ前の「甲羅館」に移動します。私が運ぶんですけど。
白良浜ファミマのすぐ向かいのお店、というと分かりやすいです。
夏に白良浜に行くなんて私、何年ぶりでしょうね。

海水浴やドライブの休憩に、是非よろしくお願いします。
  

Posted by torimono at 21:06Comments(0)

2014年08月20日

巡回展開始!


Minolta repo-s Kodak GOLD100


torimonoのふなやまです。
18日からトリモノ巡回展「ハーフカメラフォトグラフィー」が始まってます。
フィルムカメラの、それもハーフカメラと言う小型カメラをつかった写真です。
L判サイズのプリントをアルバムに詰めているだけなので、
写真展と言うにはちょっと大げさかもしれませんが、
小さいからこそ手にとってゆっくりと見る事ができて、
また違った楽しみ方があるのではないかなぁと思います。
場所はおなじみ田辺市南新町の喫茶ゴリラです。
夜11時まで営業していますので、みなさんコーヒーを飲みにいって下さいね!

ちなみに私のアルバムは茶色のカバーです。
カメラはミノルタのレポS、使っているフィルムはフジのPro400です。
色を意識して撮ってますので、ぜひご覧ください!  

Posted by torimono at 19:44Comments(0)ふなやまさん

2014年08月03日

…広角レンズの使い方、教えて下さい

我が街
Canon F-1n Canon FD 28mm 1:3.5 S.C. TRI-X400


torimonoの時雨です。
最近、気が付きました…。
「広角レンズって難しい!!」
普段、お散歩スナップでも、風景の一部分を切り取る様な撮影ばかり。
改めて、広角レンズで撮影した写真を見てみると、何を狙っているのだか、ハッキリしない写真ばかり(笑)
人物を入れるのも、好きじゃないし…。

「これでは発展性が無い!!」

と一念発起。
最近買った中古骨董RFカメラのフレーム枠が50mmから望遠寄りだったので、外付けファインダに手を出し、昔買っておいた35mmレンズを復活させました。

序でに、50mmジャンクレンズも購入。
絞り羽根に油が回り、動きが渋いって理由で、破格の値(笑)
取り敢えず絞り羽根をバラして、清掃。
ヘリコイドをグリスアップで、普通に使える様になりました。
まぁ同じレンズを既に持っているのですが、

「蒼いコーティングと絞り羽根の形状が違うし、これは別物…」

と、勝手な言い分(言い訳)を叫びつつ、買っちゃったんです。


これで、また撮影が楽しくなるなと、休日を待ち望んだ日々。
本日は日曜日、朝から早起きして(午前5時半には目を覚ます←小さい子の遠足の日と同じ)、昨晩のバーボンが抜けている事を確認し、勢い勇んで窓を開けると…当地方は豪雨真っ最中。土曜の晩から激しい雨音はしてたんですが…ね(笑)
仕様が無いので、もう一度バーボンを痛飲しながら、窓の外を眺めて固まる事30分。
ゆっくり二度寝を貪って、後は静かに部屋の中で、空シャッタを切って遊ぶ。

「いかん、これでは危ないカメラオタクではないか!!」

一抹の不安を抱きながら、日々は過ぎ去っていきます。


カメラ本体やレンズ、アクセサリを買ってばかりで、一向に写真の腕が上がらない…。
何処かに安く『写真の腕』や『写真の神様』が売ってないでしょうか?
ご存知の方は、お知らせ下さい…。


こんなヘボヘボ写真素人も参加するハーフカメラ巡回展。
着実に巡回する喫茶店も決まり、近日開幕です。
なお、写真サークルtorimonoは、毎月1度ゆる〜く定例会を実施中。
玄人から素人まで色々な人が集まる不思議空間で、ゆっくりお話をしています。
モットーは
『ゆる〜い高校時代の文科系写真サークル 参加自由でアットホーム』
だと、時雨は考えていますが、是如何に!?
勿論、ハーフカメラ巡回展の次にも、写真展の計画や“真夏の夜のモノクロフィルム焼き付け大会”等、サークルらしく色々趣向を凝らしたイベントを計画中。
今後の活動に、乞うご期待!!

そうそう、UPした写真は先日のサークル活動“お散歩スナップ大会in田辺市江川”にて撮影した物です。
下手ですねぇ〜。
だから、広角レンズは嫌いなんだ(笑)  

Posted by torimono at 22:44Comments(0)時雨