2018年07月05日

所詮は遊びだよ!



私、RX-78ならば鉛筆一本である程度描けてしまうほどのファンですが、
一番好きな作品はポケットの中の戦争、そして初めて買ったガンプラもNT-1アレックスです。

そんな私が今回ご紹介するのは「ガンダム・ビルドファイターズ」です。
すでに何作か続編が出ているのですが、他のガンダムの例に漏れず、最初が一番...です。
簡単に説明しますと、作中ではガンプラを作ると、それを実際に操作して対戦ができるという、素敵なゲームがありまして、それに青春をかけるように主人公やそのライバルたちが切磋琢磨し思いおもいのモビルスーツで熱い戦いを繰り広げ、成長し、友情を育んでいくんですね。ありがちといえばありがちですが、何が画期的かというと、その題材がガンプラであり、それが所詮遊び、ホビーに過ぎないと当の本人たちが自覚しているのです。

第6話でラルさんのセリフが私の心をぐっときたので引用します。
別に、やめても構わんのだよ? ガンプラ作りもガンプラバトルも、趣味の領域。機動戦士ガンダムの作中のように、戦争状態でもなければ、命の駆け引きをする必要も無い。所詮は遊び、その通りだ。しかし、いや、だからこそ、人はガンプラにも、バトルにも、夢中になれる。好きだからこそ、本気になれる。私は君の中に本気を見ている。そう、あの男と、同じように...

ちなみにラルさんとは、あのランバ・ラル大尉ではなく、ビルドファイターズに出てくる近所のガンプラ好きのおじさんです。ガンプラバトルにのめり込んでいく主人公たちを優しく見守ってくれる良い大人です。
で、なんでカメラサークルのブログでこれを紹介したいのかと申しますと、この「遊びだから夢中になれる」というところです。
そう、ここでは結果を出す責任がないのです!
仕事に明け暮れる我々社会人にとって、これほど素敵な話はあるでしょうか。しかもそれが自分の好きなことなのに。

ちなみにビルドファイターズは成り立ちからしてイロモノではありますが、
単純に少年の成長の物語として見た場合、他のガンダムと比較してみてもよくできた話でした。
(私は17話、最終話で感動のあまり涙が出てしまいました。)
我々はおそらく主人公を見守るラルさんに感情移入してしまうと思いますが、世の趣味人は是非ご視聴を。  

Posted by torimono at 05:45Comments(0)ふなやまさん

2018年06月18日

撮影の合間に



こんにちは。
春ぐらいから、自分なりにテーマみたいなものを決めてちょいちょい撮ってます。
陰気な私らしい、内向的な?、だれも喜ばない内容ですけどね。
趣味ですから、自分のために撮ってます。
今年中にまとめて発表するぞって決めていたものの、はたして半年で撮り終えるのか怪しいですけど。

https://www.youtube.com/watch?v=0cK_AIpmejs
最近お気に入りです。写真撮りに出かける気を失わせてくれます。  

Posted by torimono at 23:19Comments(0)ふなやまさん

2018年03月19日

写真整理



年度末ですし、一年貯めた写真を整理していました。
どうしてこんなものを撮ったのだろう?とか、なぜ似たような写真を繰り返し...などなど、
一人でブツクサ言いながら残すもの、捨てるものを選り分けていました。

我が家ではプリントが帰ってくると、家族のアルバムに必要な写真は最初に抜き取られ、
残りを私が無造作に棚に放り込んでいたのですが、それを真面目に見直していると
36枚中、1、2枚しか抜かれていないロールも少なくなく、
私の趣味の、家庭への貢献度の低さが大変よくわかる状態でした(涙)
特に今年はハーフカメラの使用頻度が多かったので、その「不要な写真」も数多く、
来年度はもう少しきっちり撮らなければ..,と思ってしまいました。

もう一つ発見として、一年を通じてほとんどの写真が標準レンズで撮られていたことです。
おそらく替えのレンズを持ち歩くことを怠たり、一本でいくなら明るいものを...という考えだと思います。
露出計を兼ねたiPhoneのカメラが良い写りの広角レンズですから、
標準レンズ付きのフィルムカメラとのセットは、結構良い組み合わせかもしれません。  

Posted by torimono at 00:04Comments(0)ふなやまさん

2018年03月16日

冬眠もそろそろ



こんにちは。
画像はフィルムがピッカーを使ってもどうしても取り出せず、分解して救出した跡です。
暖かくなればもっと写真を撮れる...なんて言っていましたが、
最近は花粉がおさまれば写真を撮れる...と微妙に口癖が変わってきております。

引きこもりのような生活をしていると、メカ弄りばかりが捗ります。
先日、ずっと気になっていたSMCタクマーの50/1.4はベッサフレックスで使用した場合、
無限遠ではミラーがレンズ後端に接触して撮影できない問題を解決しました。
レンズ後端、厳密には最後部のレンズを支える金属パーツをミラーに当たらない程度に
削ってしまうという単純な作業だったのですが、削りすぎてはレンズ保持に支障がでますし、
少し削っては組み立ててそろりとテストを繰り返していました。地味な作業でした。
タクマーが使えないなら標準のF1.4はもうプラナー買うしかないなぁと思ってましたが、
見事無事に使用可能となった結果、私はツァイス!を探す口実を失ったわけであります。

今までの1.8から1.4は正直、そんな変化はないんですけど相変わらずファインダーが美しいです。
調べてみるとタクマーの50/1.4は現行のAFレンズまで光学系が変わらないのだとか。
余程タクマーの設計が良かったのか、標準単焦点に進化が求められなかったのか...

そろそろ田辺近辺も桜ですね。
世のカメラマンたちもそろそろ野に出てくる季節ですね!  

Posted by torimono at 01:55Comments(0)ふなやまさん

2018年01月18日

観覧車より


ペンタックス エスピオ・ミニ
X-TRA400

撮影が終わって現像に出していないフィルムが溜まってきていて、
まとめて出せば夏休みの写真が帰ってきたりして驚きでした。
コンパクトカメラはサブとして使う都合、なかなかフィルムがコマが進みません...。

せっかくフィルムだから...と、どうしても名の通ったカメラばかりが注目されますが、
普通のコンパクトカメラも実は写りの良いものが多いです。
どこのお宅も、奥のタンスとか探って見たら黒いポーチに入ったコンパクトが出てくるかも?  

Posted by torimono at 16:08Comments(0)ふなやまさん

2018年01月09日

おめでとうございます。


Pentax SP2
SMC Takumar 120/2.8
フジC200

あけましておめでとうございます。
昨年末は私たちの写真展をご観覧いただきありがとうございました。
今年も変わらず、まぁ、今ぐらいのペースで活動をしていければと思います。
個人的には、もう少しアウトプットを増やしていきたいなと思うのですけど。

4月に撮影会(という名の遠足)を企画中です。
「今年は写真でも始めてみようかしら」とお考えの方は是非どうぞ。

今月の定例会での目立った発言
「ほら見て。たくましく伸びてきただろ? ふふふ」
「ロッコールってニッコールのパクリかと思ってた」
「我々のラインでは既読とかそんなものを期待してはいけない」
「ライカのアダプターでも買えば、そこからまたいくらか金をドブに捨てられますよ」  

Posted by torimono at 00:57Comments(0)ふなやまさん

2017年11月16日

暗室の秋



年末の写真展に向けて暗室に入ってます。
毎年この時期が一番(唯一?)真面目に写真を考えているように思います。
気分転換に引き伸ばしレンズをニッコールからロッコールに変更しましたが、差があるのかないのか。
正直そんなに変わらない...? ロッコールの方がコントラストが淡いようですが... うーん。  

Posted by torimono at 16:14Comments(0)ふなやまさん

2017年09月26日

交換レンズ楽観論


EBC Fujinon 135/3.5

私も交換レンズはせいぜい2本です。
カメラに付いているものと、あと1本。
普通標準の50mmなり55mmが標準として付くので、控えは28mmが多い。
何か一つのものを撮る目的があれば、望遠が代わりに入って、
そうすると標準を40mmや35mmにすると、少し安心します。
もっと寄りたい、大きく写したいと思うこともありますが、
ここ数年は諦めというか、撮れるようにしか撮れなかった写真が好きです。
遠くにあるんだなと感じてもらえるのも表現なのでは...?とか、都合よく考えてます。

魚眼、200mm以上の望遠などは、年に一度程度、気まぐれに使うぐらいですが、
見栄えがするのでなかなか手放すには惜しいおもちゃみたいなものになってます。
断捨離とか、ミニマムとかちょっと気になったりしますが、
カッコつけようにも、メカ談義が楽しすぎて。  

Posted by torimono at 23:12Comments(0)ふなやまさん

2017年09月11日

瞑想



定例会後の私の思考...

通勤カバンに入る小型のカメラが欲しい。
触っていて面白いやつがいいな。


→ヴィテッサなら初期型が一番メカ的に面白いらしい。
→しかし2型以降の正面にフォクトレンダーのロゴが入るのも良い。

→後期の露出計内蔵になるとカッコ良くない。あんなものは飾りですな。


→レンズどうする? ウルトロンか、カラースコパーも良いらしい。
→カラースコパーにはF2.8と3.5があるらしい。F3.5のレンズに外れ無しという声も...(幻聴?)

→そろそろバルナックライカはどうか? レンズもあるし...
→DIIIのブラックとか良いなぁ...

→M3の安いのと変わらない値段に驚き。
→M3は巻き上げレバーがスプリング式の方がいいなぁ。
→でもシングルストロークが良いなぁ。
→ファインダーの倍率良いから望遠も使いやすいなぁ。
→望遠ならばベッサTの方がオタク感があって好きだ。
 ヘリアー付きでM3より安いぞ。んー、ヘリアーっていい響きだなぁ!


→よく考え直せ。望遠は一眼レフに敵わない!
→ここのところ一連レフ用は中望遠が充実してきたし、つぎはもっと長いやつだな。
→M42の望遠はタムロンのアダプトール系が一番新しい。
 タムロンSPに外れ玉無しらしい(幻聴??)


→180mmでは150mmとあまり変わらんな。もっと長いのは...

→サンニッパも選べる。
 使う、使わないは別として、システムの拡大は悪い話ではあるまい。←今ここ。


  

Posted by torimono at 01:49Comments(0)ふなやまさん

2017年09月07日

私はフルキャブ派


F.Zuiko 38/1.8
フジC200

9月に入って急に涼しくなってきました。
このまま秋に入ってくれれば、運動会とか、助かるんだけどなーって思います。
写真は8月前半の旅行の時のものです。ペンFに標準一本勝負でした。

三菱のミニキャブは4代目が好きです。
子供の頃の記憶ですが、初めてのエアコンの付いた車に感動しました。  

Posted by torimono at 05:57Comments(0)ふなやまさん

2017年08月23日

ウルトロン

こんばんは。
我らが愛するコシナから、新しいレンズが発売されたみたいです。
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigtlander/slr-mount/slr-40mm-s/index.html
中身はこれまで通りのウルトロンなのですが、ピント用のヘリコイドが新型らしく、
最短撮影距離がこれまでの45cmから25cmに短縮されているのだとか。

もともと万能レンズだった40mmウルトロンが寄れるようになると、
これはもはや最高の標準レンズになりそうな気がします。
40mmという画角は35mmと50mmの良いところどりで、
F2の明るさ、解放からしっかり写る今時のレンズで、
しかもちょっとした接写までできてしまう。
これはずるい。しかも小さく可愛いらしいデザイン。
買えばきっとこれしか使わなくなるんじゃないでしょうか。

デジタルで使っても少し長めの標準レンズとして通用しそうだし、
中心部でクロップされるのならもう一回り"寄れる"レンズになるわけです。
接写全盛の昨今、寄れるレンズってのはやっぱりいいですね!
  

Posted by torimono at 22:23Comments(0)ふなやまさん

2017年08月15日

戦果報告2



こんばんは。
最近の私はと言うとですね、そこそこ真面目に写真撮っています。
年末の展示に向けたネガがもう少し貯まれば、暗室に入ろうかなと思っています。

ただ、私もほとんど通年病気ですから、出かけついでにレンズを2本買ってきました。
ペンタックスのSマウントでSMCタクマーの50/1.4と120/2.8です。
50mmは久々のF1.4の標準レンズです。
トリウムを含むガラスが使われているため、レンズ後群に黄変が見られましたが、
数日間ブラックライトを照射することでほぼ気にならないところまで改善しました。
これがまるで実験のようで面白く、ここ最近寝る前の楽しみでした。
放射線を発するレンズを夜な夜な眺めてはニヤついていたわけですから、
ほとんどビョーキですね。
誤解されてはレンズが不憫なので申し上げますが、世間で言われる放射線レンズなるものは、
その線量自体ごくごくわずかなもので、胸のレントゲン写真一枚よりも少ないものです...

さすがF1.4はファインダーが明るく、使っていて楽しいレンズです。
写りの方は、タクマーだけの特別なものは感じませんが、とても上品な感じでした。

そしてもう一つのSMCタクマー120mm、これは以前から気になっていたものです。
105mm、135mmを持っていて、この焦点距離は...と悩みましたが、
つい珍しいレンズなので思い切って買ってみました。
まだフィルム1本しか試していないので、写りに関してはよく判りませんが、
Sタクマーよりハッキリ映り、EBCフジノンより穏やかな印象です。あぁ、やっぱり中途半端ですね...

きっと良いレンズなんでしょう。わざわざ販売されたのですから。  

Posted by torimono at 22:48Comments(0)ふなやまさん

2017年07月13日

梅雨よ明けよ



こんばんは。
春からずっと、写真を撮ってはいるんですが、
作品を作るぞって意識していない、記録的なものばかりだったので、
これではいかんと奮起して、暗室用のイーゼルと引き伸ばしレンズを新調してみました。
プリントしたくなる環境づくりです。相変わらずモノ先行で恥ずかしい話ですが。

今年の年末のグループ展には、余裕をもって搬入してみせます! ...たぶん...  

Posted by torimono at 02:23Comments(0)ふなやまさん

2017年06月01日

私はメモトロンが欲しい

最近欲しいと思うカメラ、私はチノンのメモトロンが良いなと思います。

一見、地味でよくあるMF一眼レフです。マウントは汎用性の高いM42。

瞬間絞り込み測光といって、レリーズを押し込んでいくとシャッターの切れる一瞬前に絞り込みが行われ、
その一瞬に露出計が作動、適正な速度を選択してシャッターが駆動するという仕組みになっています。
おそらく全てのM42レンズで絞り優先AEが使えるであろう画期的なカメラです!

他社M42マウントでは自動露出に対応するにはレンズとカメラ本体で情報伝達が必要とのことで、
私が聞いた限りは...
ペンタックス:連動爪を内蔵したSMCタクマーを開発→SMCタクマー以外はダメ。
富士:連動ピンをレンズ外周に付けて対応→EBCフジノン以外はダメ。
オリンパス:連動ピンを...→ズイコー以外はダメ。
プラクチカ:電気接点をマウント部に...→対応レンズ以外はダメ。

...などのように、自動絞りから自動露出への発展には各社独自の改良が行われ、
せっかく汎用マウントであったM42マウントがそれぞれの半独自マウントに変化していったのですが、
メモトロンはギリ汎用性を維持できていた自動絞りピンまでの段階で強引に自動露出を成し遂げているのです。
一度、出張先のカメラ屋さんで触らせてもらったことがあるのですが、
なるほどこれはすごいアイデアだなぁと思いました。
店主曰く、自動絞り連動ピンは各社共通と言うが、ピンの長さ、押し込み量は厳密に言うと各社マチマチで、
ボディ側の「押し量」が足りない事だってあるんじゃないかと...とのこと。
なので各社共通だと信じている自動絞り機構でさえ、もしかしたら怪しいんじゃないかと...
(若干絞り足らず露出過多になる? フィルムだから判らない? 気にするほどではない???)

なので実際にピンを押して、その絞りの状態で測光するメモトロンならば、これ間違いなしですね!
M42にAEを求めるのか、肝心の測光性能やボディ性能がどうなのか...というのはナシです。

メモトロン、あまり使わないかもしれないけど、出現率の低さも相まって収集欲を掻き立てられる存在です。

形だけ気になるとしたら、リコーのミライというカメラが気になります。連邦の新型っぽい。

  

Posted by torimono at 01:11Comments(0)ふなやまさん

2017年05月13日

仕事を終えた窓から



すっかり日が長くなりました。
今のこの良い時期を逃したらまた暑い暑いとうなだれる夏になるわけで、
それまでに少しはとモノクロのフィルムを詰めたカメラを持ち歩いています。
なかなかカウンターは進まないけれど。

自転車のブレーキを直したので、気晴らしに乗ってみようかなと思ってます。
すぐ目的地に着かないのがいいんです。  

Posted by torimono at 00:33Comments(0)ふなやまさん逆光は勝利

2017年05月02日

休憩中の窓から



まちまちですが、半袖で過ごせそうな日もでてきました。
このまま梅雨を通り越して夏になるならいいのにと思います。
アイスコーヒー、冷やし中華、PLフィルターの季節...。

写真は被写体が8割なんて言われますが、携帯のカメラで撮っていると確かにそんな気がします。
  

Posted by torimono at 00:46Comments(0)ふなやまさん

2017年04月24日

ゴールデンウィークは休まず仕事ですよ



こんにちは。
すっかり花粉症のピークも過ぎ、気兼ねなく外を歩けるようになりました。
久々の平日休み、ぼんやりと過ごしました。
天気が良かったので自転車でも乗ってみようかなと思いました。思っただけですけど。
4月の慌ただしさもピークを過ぎて、ぼちぼち連休の話題が聞こえてきます。

先日、録画しておいたおおかみこどもの雨と雪という映画をみました。
北の国からの山版?とか勝手に思っていたのですが、予想を超える突飛な展開に驚きの連続でした。
子育てをしている立場としては良くも悪くも思うところがたくさんでした。

近所にキジが住み着いているようで、一度写真に撮ってやろうと思うのですが、
うちのカメラたちの動きものに対する弱さと言ったらもう...。  

Posted by torimono at 21:45Comments(0)ふなやまさん

2017年04月13日

春の月



月、写っていません。すいません。
休憩時間にテレビのCMでエイリアンズが流れていて、ちょっと嬉しくなりました。
ここのところ帰り道にボソボソつぶやいているかもしれませんが、
見かけてもどうか無視しておいてください。大丈夫です。
音楽はひっそり一人で聴くものだと思っているので、寂しげなもの、意味の曖昧なものほど良いなと思います。

ここ数日、月がきれいだなーっと思うのですが、
手持ちのカメラがペンとiPhoneなので、どうにもこうにも届かない。
クレーターが見えるほど大きく写らなくてもいいので、やはり100mmぐらいあると良いなと思います。
ペンタックスSPと105mmぐらいなら入れられそうですが、うーん。
秋の澄んだ空気でキリッとした月とは違う、柔らかい感じが気になっています。

帰って月に関して検索していると、月の裏側が怖い、という話をみました。
地球との回転の関係から、月は常に片面しか我々には見せてくれないのですが、
その見えない裏側には宇宙人だとか、空洞だとかNASA、おそロシアの施設がどうとか、
色々都市伝説があるみたいで、ちょっと夢中になって調べてしまいました。
でも、私は月の裏側はグラナダだと思ってますよ。ジークジオン。

https://www.youtube.com/watch?v=XZqpPrCI5PI  

Posted by torimono at 00:44Comments(0)ふなやまさん

2017年04月01日

春の遠足



本日は春の撮影会に行ってきました。
和歌山市駅周辺を散策後、ギャラリーT.E.Nに立ち寄って冬の思い出展、
そして本屋(?!)PLUGにて昼食を食べ、その後に加太方面に移動しました。
詳しいところは(ちゃんと覚えていないので)後日別の報告にお任せします。
私は男らしくペンFに38/1.8の一本勝負です。
出発時、天気良くなかったし、荷物多いと辛いし。
400のフィルムを入れているので、ピントも程々、気楽なものでした。

歩数約18600歩、距離にすると11km程度。足温まってきたな、とか言う連中もいましたが、
私の普段の活動量はだいたい8000〜10000歩なので、かなり頑張った方です。
写真も撮りつつ、常に食べ歩き、遊び歩き状態でしたが、天気にも恵まれて良い遠足になりました。
きっと明日、足が痛いんだろうな。

ギャラリーT.E.N
http://www001.upp.so-net.ne.jp/galleryten/

本屋PLUG
http://plug-kitchen.com  

Posted by torimono at 22:08Comments(0)ふなやまさん

2017年03月19日

仕事の行き帰りに



駐車場の桜は開花が少し早い種類のようで、そろそろピークが過ぎそうです。
毎日同じように通るところに季節の感じられるものがあるのはいいなと思います。

モノクロフィルムを入れて、10枚ちょっと撮ってそのままなカメラが2台あります。
カメラの分解ばっかりやってないで、早く回しきって、現像しておかないとだめなんですが、
花粉症がひどくて、つい部屋に引きこもりがちです。  

Posted by torimono at 23:51Comments(0)ふなやまさん逆光は勝利