2018年12月05日

夜間飛行

柳小路
Leica M3 Nokton50mm F1.1


本年も師走となりました。
皆んさん、そろそろ忘年会で夜間に出歩く機会も増えているのでは⁉︎
そんな時もカメラを持参して、夜間撮影を楽しんでいる時雨です。

冬の夜間撮影…好きなんですよね。
冷たい空間をふらふら漂って、さらっとシャッターを切って立ち去る。
そんな時、頭の中ではサン=テグチュペリの『夜間飛行』を想い出しているのです。
暗い街を歩く孤独感と、不甲斐ない写真を撮り続けている事への自問…。
リヴィエールの気持ちは解らないけど、色々考えてしまいます。

別に夜間撮影の為じゃないけど、気が付くと持ち出すカメラの殆どが黒塗りです。
よく使うカメラで黒塗りじゃないのは、オリペンEE3くらいかな⁉︎
いつの間にブラック党になっちゃたんだろ?
クロムメッキのオシャレ感、今となっては欲しいです。
でも…買う時って、やっぱり黒塗りを選んじゃう。
まぁ、カメラの色で撮る写真が変わる訳ではないので、どうでも良い事なんですが…ね。

深夜にウィスキィ飲みながら磨いてる時は
”やっぱり黒塗り‼︎”
なんて、思っちゃうわけですよ。  

Posted by torimono at 23:40Comments(0)時雨

2018年11月08日

テーマを決める‼︎

薔薇
CANON F1 FD50mm 1:1.4 s.s.c


何故か秋らしくない陽気ですが、もう11月なんですね…。
時雨です。

写真サークル”Torimono"では、初めての試みです。
『テーマを決めて写真を撮ろう』
今月の定例会で決めた事…。

おいおい‼︎写真サークルなら当たり前じゃない⁉︎なんて声も、聞こえてきますが。
ゆるい文科系サークルなんで、そんな事すらやって無かったんですね。
で、これから毎月テーマを決めて、それに沿った写真を各自がLINEのアルバムに上げるって決めました。

ほーら、まるで写真サークルみたいでしょ⁉︎
これからは”光画部”と名乗ろうかな?
とりあえず写真は、メンバー限定での公開となるので、サークルに参加してもらえれば、誰方でもご覧になれます。
興味の有る方は、ご連絡下さい。

11月のテーマは『あか』。
紅葉の”紅”も有れば、神社の”朱”、ミステリー好きなら”緋”色の研究…かな⁉︎
そこは各自のイマジネーションに任せて。

どんな写真が見られるか、今から楽しみです。

それで今回は、ソフトフォーカスを試した時に撮影したバラを。
内容も技術も、出来ないなりに試行錯誤してる時が、一番楽しいと考えている時雨でした。  

Posted by torimono at 02:41Comments(0)募集時雨

2018年10月12日

Clue & Inference

鉄塔

時雨です。

皆さん、写真の端に映り込んだ”葉っぱ”や”電線”…好きですか?
私は、自分で撮った写真を見る時、先ずそれらに目が行きます。
内容やピントの調子、背景のボケ具合より、”葉っぱ”や”電線”は先。
何故かというと…それらの写り具合で、撮影したレンズを特定しているのです。
フィルムで撮影していると、すっかり忘れた頃の写真を現像する事が多々。
場所の特定は何とは無しに記憶で補えるのですが、撮影したレンズとなると、全く覚えてなかったりします。
葉っぱの端でハロの具合、先端の像でシャープネス、表面でコントラスト、電線の歪みでディストーションの具合を確かめています。
余り意識はしてないのですが、それらを見る事で、使用レンズが判る。
全体のコントラストや白の抜け、影の潰れ具合、アウトフォーカス部の像…。
以外と重複する焦点距離のレンズが手元に有っても、判別付くものですね。
後はゴーストの格好で、絞り羽の形も判るし。
手持ちのレンズだと、大体外しません。

それなのにデジタルになると…全く。
どれもこれも、良く写ってしまいます。
結局Exif確認しないと自信が持てない…。
被写体距離変わっても、破綻しないから、焦点距離も判らなくなります。
絞りも効か無い(どの絞り値で撮影しても同じ写りがする)し、高感度も使え暗くても写るから、撮影時間も判らない。

フィルムだと、手に馴染んだ古いレンズなら、絞りも効くので、それを元にF値を推測し、被写体のブレ具合も勘案し、撮影時間を割り出せる。
我ながら…暗い趣味だと思いますが、そんな事を考えながら、撮影した写真を眺めています。

さて、掲載した写真は…どのレンズで撮ったのかしら⁉︎
今宵も眠れぬ夜がやって来ました。
秋の夜長は、寝不足を招きます。  

Posted by torimono at 22:08Comments(0)時雨

2018年09月26日

レトロワンピ

レトロワンピ

時雨です。
レトロワンピを着て、地元を散策するイベントに参加しました。
私もレトロな装いをし、ローライフレックスで3本、フィルムを消費。
やはり、オシャレした女の子は可愛いです。
何時も以上にシャッタを切ってしまいました。

未だフィルムは現像していませんが、デジタルで撮影した写真を…。
可愛いらしい女の子も、ワンピースも、はっきりと写ってないじゃないか‼︎と怒らない様に。
跳ね上がった髪も可愛いんです。

しかし、この写真、思いっきりトリミングしているのに、解像度は高い。
流石、シャープさに定評の有るレンズです。
寄れるし、シャープだし、コントラストも高い。しかもディストーションも無い。
デジタルだと常用したくなるレンズですね。
これと比べたら、きっとローライフレックスは…ゆるゆる、ふわふわな写りでしょう。
だけど、それが楽しかったりします。
フィルムのフィルム感!?が好きなんですよね〜。
早く現像しなくちゃ‼︎
さーて次は、このレンズをフィルムで使ったら、どんな写りをするんだろう?
試したくて”うずうず”してます。  

Posted by torimono at 01:15Comments(0)時雨

2018年09月05日

フルサイズミラーレス

高架下
CANON 6D SIGMA20mm F1.4 DG HSM Art 1/80 1:1.4 ISO400


とうとうNikonもCanonもフルサイズミラーレス発表ですね。
良いですね〜、欲しいですね〜。
早く触りたい、時雨です。

これからはミラーレスが各社の主力になるだろうし、それに対応したレンズも、どんどん出てくるでしょう。
考えてみたら、それがカメラの正常進化なんだろうな。
もう私のデジタル1眼もかなり世代遅れになってしまいました。
買い直さなくてはならない日も、近いのでしょうか?

でもね…私のメイン機は60年以上前からフルサイズミラーレス!!のM3なので。
これ以上古くもならない骨董品です。
レンジファインダーフィルムカメラを愛用している限り、どんなデジタルフルサイズミラーレスが出ても、毅然とした態度でシャッターを切るだけです。
第一、デジタル1眼ですら広角ノーファインダーで撮影しているのだから、あまり関係ないんですね。
バッテリーとメディアが入手可能な限り、6Dだって良いじゃないか。
写りに不満が有る訳でも無いですし…。
デジタルフルサイズミラーレスの利点は、小さい事。
これは流石にストリートスナップには魅力的です。
でも、高速連写も、位相差AFも、綺麗な EVFも興味は無いです。
って、本当は買えないから、興味を持たない様にしているのです。
とりあえず、各社デジタルフルサイズミラーレス触ってみたいです。

ま、週末にシャッター切って、心を落ち着かせよう。
誰か買って、感想聞かせて下さい。  

Posted by torimono at 21:45Comments(0)時雨

2018年08月14日

スナップポートレート

周参見の女性

時雨です。

本日は休日。
友人に誘われ、今秋に開催される写真展へ出店する写真を準備していました。
これで夏休みの宿題が終わった気分です。
スナップした鳥の写真にしたのですが、他人に見てもらえる写真になったのかなぁ〜!?
何時も写真展の前には、不安になる時雨です。

さて最近、少し望遠系単焦点ポートレートレンズを導入しました。
これでスナップポートレートができます。
小さな広角系でスナップするのが面白く、それ用のレンズばかり揃えていましたが、ポートレート撮影もやってみたいな…と。
本当は衝動でレンズ買ってから、後付けで理由を考えたんです(笑)

問題は、レンジファインダと広角レンズ、1眼レフにパンケーキレンズで街を”ふらふらっ”している身としましては、望遠レンズは重い。
腕力も体力も無いので、この暑さの中持ち出す勇気が湧かないです。
もう少し涼しくなったら、持ち出して街中闊歩しよう…っと。

ポートレートレンズですが、スピードライト何台も綿密にセッティングして、モデルさんに指示出してって撮影方法は、僕の性には合わない。
自然光のみ、被写体演は出しない、無意識の一瞬を狙い撃つ…それこそが、スナップ!!
なんて、嘯いてみても、唯腕がないから足で稼いでいるだけなんですよ。
その上、カメラやレンズを買えば、少しは無い腕をカバァできると、愚かな考えに取り憑かれています。
これじゃ上達はしないよなぁ〜。
でも、趣味でやっているんだから、下手でも志だけは真剣でいたい。
そんな事を考えている、今日この頃です。
だったら、休日しっかりカメラを持って撮影しなさい!!と、神の声が聞こえますが…こう暑くちゃねぇ。
熱中症にならない様、エアコンの効いた部屋でレンズ磨いたり、空シャッタ切ったりしてる方が、楽しくなっちゃいます。
こりゃカメラメカ廃人になっちゃうよぉ〜。

さて、買ったレンズ…デカくて嵩張るから、何処に保管しよう!?
それが第一問題です(笑)  

Posted by torimono at 16:02Comments(0)時雨

2018年07月05日

所詮は遊びだよ!



私、RX-78ならば鉛筆一本である程度描けてしまうほどのファンですが、
一番好きな作品はポケットの中の戦争、そして初めて買ったガンプラもNT-1アレックスです。

そんな私が今回ご紹介するのは「ガンダム・ビルドファイターズ」です。
すでに何作か続編が出ているのですが、他のガンダムの例に漏れず、最初が一番...です。
簡単に説明しますと、作中ではガンプラを作ると、それを実際に操作して対戦ができるという、素敵なゲームがありまして、それに青春をかけるように主人公やそのライバルたちが切磋琢磨し思いおもいのモビルスーツで熱い戦いを繰り広げ、成長し、友情を育んでいくんですね。ありがちといえばありがちですが、何が画期的かというと、その題材がガンプラであり、それが所詮遊び、ホビーに過ぎないと当の本人たちが自覚しているのです。

第6話でラルさんのセリフが私の心をぐっときたので引用します。
別に、やめても構わんのだよ? ガンプラ作りもガンプラバトルも、趣味の領域。機動戦士ガンダムの作中のように、戦争状態でもなければ、命の駆け引きをする必要も無い。所詮は遊び、その通りだ。しかし、いや、だからこそ、人はガンプラにも、バトルにも、夢中になれる。好きだからこそ、本気になれる。私は君の中に本気を見ている。そう、あの男と、同じように...

ちなみにラルさんとは、あのランバ・ラル大尉ではなく、ビルドファイターズに出てくる近所のガンプラ好きのおじさんです。ガンプラバトルにのめり込んでいく主人公たちを優しく見守ってくれる良い大人です。
で、なんでカメラサークルのブログでこれを紹介したいのかと申しますと、この「遊びだから夢中になれる」というところです。
そう、ここでは結果を出す責任がないのです!
仕事に明け暮れる我々社会人にとって、これほど素敵な話はあるでしょうか。しかもそれが自分の好きなことなのに。

ちなみにビルドファイターズは成り立ちからしてイロモノではありますが、
単純に少年の成長の物語として見た場合、他のガンダムと比較してみてもよくできた話でした。
(私は17話、最終話で感動のあまり涙が出てしまいました。)
我々はおそらく主人公を見守るラルさんに感情移入してしまうと思いますが、世の趣味人は是非ご視聴を。  

Posted by torimono at 05:45Comments(0)ふなやまさん

2018年06月18日

撮影の合間に



こんにちは。
春ぐらいから、自分なりにテーマみたいなものを決めてちょいちょい撮ってます。
陰気な私らしい、内向的な?、だれも喜ばない内容ですけどね。
趣味ですから、自分のために撮ってます。
今年中にまとめて発表するぞって決めていたものの、はたして半年で撮り終えるのか怪しいですけど。

https://www.youtube.com/watch?v=0cK_AIpmejs
最近お気に入りです。写真撮りに出かける気を失わせてくれます。  

Posted by torimono at 23:19Comments(0)ふなやまさん

2018年06月01日

何処か

階段
CANON EOS 6D SIGMA20mm1:1.4 1/100 F1.4 ISO400



ドアの向こう側で
君は何かを忘れる
  

Posted by torimono at 00:43Comments(0)時雨

2018年04月23日

今週のビックリドッキリメカ〜‼︎

時雨です。

昨日カメラを買ってきました。
今回のコンセプトは…
1.安い事
2.軽い事
3.手持ちのレンズが使える事
の、3点です。

選んだのはPENTAX MZ-10と CANON EOS Kiss

RIKENON-P 55mm 1:1.2用Kマウントと、デジタル用に揃えたEFマウントが使い回せるフィルムカメラです。
う〜ん、なんとアンバランスな事か…。

流石、大口径標準レンズ。
完全にレンズが主役になっています。
やはり派手ですね、開放1.2クラスのレンズは。
誰ですか⁉︎『お前は”サンダー平山”か‼︎』なんて思った人は。

何で初級機を購入したのか?
これでも一応、考えて買ってます。
先ずは安い事。
気にせず使い倒せる。
Kマウントはこのレンズしか持っていないので、特に安くないといけないし。
ISOが手動で設定できる事。
時々DXコードが付いていないフィルムを使いますので。
そして小さい事。
サブ機として使うので、軽くて小さくないといけません。
操作が単純な事。
どうせフルマニュアルで使うから、面倒な機能が無い方が有難い。

問題点も有ります。
初級機なのでファインダはペンタミラーなのはご愛嬌。
明るいレンズは、明るすぎてピントの切れ込みが悪くなりますが、元々暗いファインダなので、丁度良いかも⁉︎
後、マウントがプラスティックで、重いレンズじゃ壊れやしないか心配です…。
だけどね…フラッグシップだろうが、初級機だろうが、フィルムカメラは同じレンズを使えば同じ描写の写真になる‼︎
デジカメの様に値段で写りが変化しないのが、フィルムカメラの凄さです。

何故、そこまでしてカメラを買うのか?
やはりレンズが有れば使いたくなるじゃないですか。
それにデジタル時代のレンズをフィルムで使ったら、どんな描写をするのか?
今から使うのが楽しみです。

さて、混沌としてきた、私のコレクション。
一体、何処に向かうのでしょう?
  

2018年04月17日

フランス映画

線路

時雨です。
昔から欲しいレンズが有ります。
『P.Angenieux』
フランス製のハイスピードシネレンズの代表です。

何かもう、フランス製ってだけで格好良い!!
鏡胴の金属感もGood。
写りは、あくまでシャープなピント面と、なだらかに崩れるのに元の形は解るアウトフォーカス。
抜けは悪いが紗の掛った柔らかさが有ります。
う〜ん、もう写りだけで「フランス映画」してます。

欲しいなぁ〜。
高くて買えないけど…。  

Posted by torimono at 00:39Comments(0)時雨

2018年03月29日

Kirschbaum

桜

春の陽気に誘われて、花の写真を撮ってみました。
あれっ…⁉︎
綺麗じゃない?
  

Posted by torimono at 22:58Comments(0)時雨

2018年03月19日

写真整理



年度末ですし、一年貯めた写真を整理していました。
どうしてこんなものを撮ったのだろう?とか、なぜ似たような写真を繰り返し...などなど、
一人でブツクサ言いながら残すもの、捨てるものを選り分けていました。

我が家ではプリントが帰ってくると、家族のアルバムに必要な写真は最初に抜き取られ、
残りを私が無造作に棚に放り込んでいたのですが、それを真面目に見直していると
36枚中、1、2枚しか抜かれていないロールも少なくなく、
私の趣味の、家庭への貢献度の低さが大変よくわかる状態でした(涙)
特に今年はハーフカメラの使用頻度が多かったので、その「不要な写真」も数多く、
来年度はもう少しきっちり撮らなければ..,と思ってしまいました。

もう一つ発見として、一年を通じてほとんどの写真が標準レンズで撮られていたことです。
おそらく替えのレンズを持ち歩くことを怠たり、一本でいくなら明るいものを...という考えだと思います。
露出計を兼ねたiPhoneのカメラが良い写りの広角レンズですから、
標準レンズ付きのフィルムカメラとのセットは、結構良い組み合わせかもしれません。  

Posted by torimono at 00:04Comments(0)ふなやまさん

2018年03月16日

冬眠もそろそろ



こんにちは。
画像はフィルムがピッカーを使ってもどうしても取り出せず、分解して救出した跡です。
暖かくなればもっと写真を撮れる...なんて言っていましたが、
最近は花粉がおさまれば写真を撮れる...と微妙に口癖が変わってきております。

引きこもりのような生活をしていると、メカ弄りばかりが捗ります。
先日、ずっと気になっていたSMCタクマーの50/1.4はベッサフレックスで使用した場合、
無限遠ではミラーがレンズ後端に接触して撮影できない問題を解決しました。
レンズ後端、厳密には最後部のレンズを支える金属パーツをミラーに当たらない程度に
削ってしまうという単純な作業だったのですが、削りすぎてはレンズ保持に支障がでますし、
少し削っては組み立ててそろりとテストを繰り返していました。地味な作業でした。
タクマーが使えないなら標準のF1.4はもうプラナー買うしかないなぁと思ってましたが、
見事無事に使用可能となった結果、私はツァイス!を探す口実を失ったわけであります。

今までの1.8から1.4は正直、そんな変化はないんですけど相変わらずファインダーが美しいです。
調べてみるとタクマーの50/1.4は現行のAFレンズまで光学系が変わらないのだとか。
余程タクマーの設計が良かったのか、標準単焦点に進化が求められなかったのか...

そろそろ田辺近辺も桜ですね。
世のカメラマンたちもそろそろ野に出てくる季節ですね!  

Posted by torimono at 01:55Comments(0)ふなやまさん

2018年03月05日

えのき

えのき

M3が壊れ、メイン機がニコンの1眼レフになりました。
時雨です。

M3で4ケ月前に写した写真を見てみると…。
やはりシャッター幕にピンホールの予兆が有った事が判りました。
現像ムラかな〜と思っていたんですが、複数のネガに同じ様な光球が薄っすら写っている。
だいぶ前からM3は瀕死だったんだ(笑)
よく頑張ってくれたよ…。

昨日、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町で催されている『平間至写真展』を見に行ってきました。
サークルメンバと一緒だったので、道中カメラや写真に関する他愛も無い話題で話続けた1日。
和歌山県を半周していたのですが、なかなか撮影スポットに巡り合わず、フィルムは余り進みませんでしたが…。
気の置け無い友人とブラブラするのも楽しいものです。

掲載した写真は、昨日の珍道中で写したものでは無いですが。
街角に生えてた⁉︎えのきです。
何でこんな処に忘れられたのか…。
えのきは無事に持主の元へ行き、美味しく食べられたのかなぁ〜?
日常には、時折”不思議な一瞬”が転がっていますね。  

Posted by torimono at 22:09Comments(0)時雨

2018年02月13日

from The New World

新世界より

時雨です。
とうとう、その時が来てしまいました…。
我が愛機が壊れました。
シャッタ先幕に穴が開き、写真の中央右側にエクトプラズマというか…光球が写ってしまってます。
参りました。
折角、大阪の新世界や鶴橋をブラついてきたのに、フィルム1本半が台無しです。

購入して4年と少し。
安物を買ったので、何時かは壊れると覚悟していましたが…。
製造されて60有余年。
オーバーホルもされていない感じなので、そりゃ壊れますわな(笑)
ここまでよく頑張ってくれたM3よ。
旅先でのスナップを、何度共にした事か。
そろそろ諦めようかな、このカメラ。

と、いう事で、今の主力機は中判1眼レフです。
重たいカメラを提げてスナップに励んでいます。
しかし、RFばかり使っていると、1眼レフのファインダの綺麗さ圧倒されます。
これはこれで楽しい。

それにオリンパスXA2とフラッシュフジカを復活させたので、RFはこちらを使おうと考えています。
借りっぱなしのエスピオミニも有るしね。
Ⅲfも何とか動いているし…。
バックアップ機には、困らないのは助かります。
皆さんも壊れる前に、どんどんバックアップ機を増殖させておきましょう。

まぁ資金繰りに成功したら、M3をオーバーホールに出そうと考えています。
さてさて…何時になる事やら。  

Posted by torimono at 22:21Comments(0)時雨

2018年01月20日

階調性とは!?

光と影

時雨です。
最近、自分の写真に疑問を持っています。
内容が昭和な町並みを写してばかりいる事も問題ですし、構図も日の丸が多い。
抜けや奥行き、視線の誘導も無く、詰まった写真ばかり。
それにコントラストが高く、トーンの階調性も無い。
性格なのか、ズームレンズ使っていても、テレ端かワイド端しか使わない。
私が単純な性格だからですかね?
それに単焦点レンズですら、交換レンズを持っていても、交換せずに1日過ごしてしまいます。
もう少し考えて撮影しなくてはいけないのかなぁ〜。

  

Posted by torimono at 22:30Comments(0)時雨

2018年01月18日

観覧車より


ペンタックス エスピオ・ミニ
X-TRA400

撮影が終わって現像に出していないフィルムが溜まってきていて、
まとめて出せば夏休みの写真が帰ってきたりして驚きでした。
コンパクトカメラはサブとして使う都合、なかなかフィルムがコマが進みません...。

せっかくフィルムだから...と、どうしても名の通ったカメラばかりが注目されますが、
普通のコンパクトカメラも実は写りの良いものが多いです。
どこのお宅も、奥のタンスとか探って見たら黒いポーチに入ったコンパクトが出てくるかも?  

Posted by torimono at 16:08Comments(0)ふなやまさん

2018年01月09日

おめでとうございます。


Pentax SP2
SMC Takumar 120/2.8
フジC200

あけましておめでとうございます。
昨年末は私たちの写真展をご観覧いただきありがとうございました。
今年も変わらず、まぁ、今ぐらいのペースで活動をしていければと思います。
個人的には、もう少しアウトプットを増やしていきたいなと思うのですけど。

4月に撮影会(という名の遠足)を企画中です。
「今年は写真でも始めてみようかしら」とお考えの方は是非どうぞ。

今月の定例会での目立った発言
「ほら見て。たくましく伸びてきただろ? ふふふ」
「ロッコールってニッコールのパクリかと思ってた」
「我々のラインでは既読とかそんなものを期待してはいけない」
「ライカのアダプターでも買えば、そこからまたいくらか金をドブに捨てられますよ」  

Posted by torimono at 00:57Comments(0)ふなやまさん

2017年12月11日

写真展スタート



本日より喫茶ゴリラ様にてトリモノ写真展5がスタートしました。
写真は日曜の朝、みんなで搬入作業をしているところです。
全員の作品が集まる最初の場面であり、展示レイアウトを考えたり、
そもそも普段写真を壁にかけることが少ないので、なにかと楽しい時間だったりします。

展示内容は今年も去年に引き続き、神島高校写真部の皆様と合同出展となっています。
我々には出せない(もう残っていない?)若い熱意みたいなものが感じられるどれもいい写真ばかりでした。
ぜひみなさまご来店いただき、感想などを残してください!

なお、店内にはオブジェ代わりとしてカメラを3台置いています。
1、ペンタックスSP2、1960年代、世界的ベストセラー機SPのリバイバル版です。
2、キヤノンS2、1940年代、キヤノンが一眼レフを開発する前のカメラです。
3、オリンパスEE-2、1960年代、フィルムのⅠコマで2枚写真を撮れるハーフカメラです。

中にフィルムは入っていませんので、ぜひ手にとって動かしてみてください。
ペンタックスSPは最近若い人の間で密かな?ブームらしいです...?
本当でしょうか、田辺ではフィルムカメラを使っている若者を残念ながら見たことがありません。
やってみたい!と思った方は貸しカメラも準備していますのでぜひ連絡くださいね。  

Posted by torimono at 21:47Comments(0)イベント報告